ストレス太りの正体

新宿 美容矯正
美容整体サロンCOCOBODY
矢吹です

仕事など日頃のストレスで、ついつい過食気味になって太ってしまう
こんな経験は多くの方が思い当たると思います

「ストレスのはけ口が食欲に向かっている」と思っていませんか?。

ですが実は、この現象は…
【ホルモンバランスの問題】です

◆副腎
ストレスによる食欲は副腎から分泌されるホルモンの影響なのです

副腎は、腎臓の頭側にある1cm大の小さな臓器
コルチゾールやアドレナリン、テストステロンなどのホルモンを分泌する臓器です

日々のストレスが時間と共に副腎を疲弊させ
副腎が疲労を起こすと、ホルモンを十分に分泌できなくなり、体重増加を含め、さまざまな症状を引き起こします

副腎は大きく分けると副腎皮質と副腎髄質に分かれていますが

副腎皮質から分泌される「コルチゾール」というホルモンは
糖代謝、タンパク代謝、脂質代謝、骨代謝、さらに免疫機構にも関与しているため
生命維持に不可欠なホルモンです。しかし、代謝促進ホルモンの分泌を抑制する働きもあります

ストレス太りのには
副腎皮質から分泌される「コルチゾール」が重要になります!
ストレスにも関与しており、過度なストレスを受けると分泌量が増加するため
ストレスホルモンとも呼ばれています

コルチゾールは、ストレスが高まるにつれて分泌が高まる、ストレスに対抗するためのホルモンです
このホルモンが分泌されることでストレス刺激にある程度耐えることができるのです
(ストレス刺激は自律神経を乱したり、活性酸素を生成して細胞を傷つけます)

◆コルチゾールが及ぼす太る原因
・セロトニンを低下させ食欲を増進
コルチゾールが分泌されるとセロトニンの分泌が減少するため
ストレスが続くとセロトニンが不足した状態に陥ります
セロトニンは食欲を抑える働きがあるため、セロトニン不足は食欲増進させてしまいます

これが、ストレスを受けた時に、過食気味となってしまう原因です

食欲がストレスのはけ口になっているわけではなく
ホルモン分泌の影響で食欲が増してしまっているのです

ということは
ストレスの根本原因を解消しないと
食欲を正常に戻す事は出来ないということです

インスリンの過剰分泌を招き脂肪を蓄積
コルチゾールは、食欲増進だけでなく
コルチゾールが分泌されることで通常の食事量であっても太りやすい体になってしまいます

コルチゾールにはインスリン分泌の調整を乱し、血糖値の上昇以上にインスリンを過剰に分泌させる働きがあるため
脂肪が蓄積されやすくなります
さらに、コルチゾールそのものにも、脂肪の合成を促す働きがあるため、肥満を促進してしまうのです

ストレスによる食欲をグッと抑えて、いつもと同じ食事量に留めたとしても太ってしまうのです

これは非常に困りますね

成長ホルモンの分泌を抑えて代謝ダウン
成長ホルモンには、筋肉を発達させたり、運動によって損傷した筋肉を補修したりする働きがあります
ですが、コルチゾールは成長ホルモンの分泌を抑制するため、筋肉づくりに悪影響を及ぼします
代謝も悪くなり、脂肪が燃えにくい体になってしまいます

ストレスによるセロトニン不足は、食欲増進のほかにもダイエットにさまざまな影響があります

セロトニンは食欲を抑えるだけでなく、不安感や恐怖感など、神経の過敏な活動を抑える抑制系のホルモン
不足すると、気分が落ち込んだり、ダイエットのモチベーション低下にもつながります

悪化するとうつ状態を引き起こすこともあり、ストレスへの抵抗力をますます弱めてしまいます
さらに、セロトニンは睡眠に必要なメラトニンに変化するため、セロトニン不足は睡眠障害にも繋がります

不眠は肥満になりやすいことも報告されています
セロトニン不足で不眠と食欲増進が重なることで過食になってしまいます

ストレスと肥満は密接に関係しているのです

ここまで読んで下さり、本当にありがとうございました!

◆メニューのご相談・お問い合わせは お気軽にLINEで可能です♪
・LINE@idp7128
・HP http://cocobody.me/
・Instagram (ビフォーアフター多数掲載) cocobody.jp
猫背・巻き肩・姿勢・肩こり・首こり・頭痛・腰痛・そり腰・冷え性・生理痛・
むくみ・便秘・O脚・小顔・しわ・たるみ・エラのはり・女性特有のお悩み

関連記事

  1. 30歳からの美容矯正★理想の体と自信を手に入れる

  2. 今すぐ痩せたいを叶える方法は◯◯を改善すること!

  3. エラの張りでお悩みの方!原因は合わない○○○かも

  4. ヒールで美しく歩くには正しい姿勢と歩き方が重要!注意したい7…

  5. 猫背でスタイルが悪く見えてるのはもったいない!

  6. 太る原因は姿勢が8割!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA