ストレッチをした時にお腹がつりませんか?

新宿 美容矯正
美容整体サロンCOCOBODY
矢吹です

脚のストレッチをしようとして、床で前屈などのストレッチをしている時に
お腹がつってしまったことはありませんか?

ストレッチをした時にお腹がつりやすい人は
ストレッチ中、腹筋に負担がかかり、その疲労から痙攣(けいれん)を引き起こします

「つる」 とは、 筋肉が痙攣(けいれん)し固くなり痛みを伴ったまま動かせなくなった状態です

お腹が「つる」原因

お腹が「つる」のは、腹筋が原因ではなく
太ももの裏の筋肉や、ふくらはぎなどの筋肉が硬くなっていることが原因です

太ももの裏の筋肉やふくらはぎが硬いと、膝を伸ばして座った時に
骨盤が後ろに傾き、体のバランスをとるために腹筋が重心を支えるため
腹筋に上半身を支える力がかかり、お腹がつりやすくなってしまいます

筋肉がつる5つの理由

・水分不足
・電解質異常(ミネラルバランスの崩れ)
・筋肉の使いすぎ、疲労
・血行不良
・冷え

腹筋がつってしまった時は

まずは安静にして、収縮が治まるのを待ちます
治まったら、ゆっくり呼吸をしながら腹筋を伸ばすストレッチを行います

前屈でつった場合は、お腹を伸ばして、軽く後屈、または体側を伸ばす、などを行うと、硬くなった筋肉が解れます

.

COCOBODYの全身骨格矯正は
太ももの裏の筋肉(ハムストリング)が硬くなると、骨盤が後傾の原因となるため
硬くなった(ハムストリングやふくらはぎを緩め
骨盤を正しい位置に戻します

施術前後で前屈をしていただくと変化を実感できますよ

COCOBODYは
5年後、10年後も
年齢に負けない美しいボディラインと
女性として自信を持ち続ける美しいマインドを叶えるサロン
ご来店くださるお客様のお悩みを解決し、理想の未来へ導き続けます

人生はお一人様1回限り
いつかと思っているうちに人生は終わります
「今日が一番若い日」
1歳でも若いうちに始めないと勿体無いです

関連記事

  1. 下半身が痩せない原因「大転子の出っ張り」

  2. 肩を揉んでも肩こりが解消しない理由

  3. 「四角いお尻が丸くなる」プリっと上向きヒップになる方法

  4. 骨盤矯正とダイエットの関係

  5. 歪みを改善して理想の体を手に入れる!

  6. 骨盤ピラティス×全身骨格矯正

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA