腹筋運動をしても「ぽっこりお腹」は凹まない

新宿 美容矯正
美容整体サロンCOCOBODY
矢吹です

 

ぽっこりお腹に関係するのは「腹横筋」

腹筋運動は、いちばん外側にある腹直筋を鍛えるためのもの
ぽっこりお腹に関係するのは、もっと奥にある、姿勢や呼吸のサポートをしている「腹横筋」が関係しています

腹横筋が使えていないと、腰痛や姿勢の崩れを引き起こします
それをフォローしようと、背中にある多裂筋が余計に働くことで骨盤が前傾し
圧に負けてお腹がぽっこり出てしまいます

反り腰で、お腹がぽっこりしている人は腹横筋がうまく働いていないかも

 

コルセットのように働く「腹横筋」

お腹まわりにはおもに3つの筋肉があります
外側から順に腹直筋、次が腹斜筋、いちばん奥にあるのが腹横筋
腹横筋が働かないと、背骨や骨盤が不安定となり、反り腰、腰痛、そしてぽっこりお腹の原因に

腹直筋

腹筋運動で鍛えると「シックスパック」になる

腹斜筋
外腹斜筋、内腹斜筋が重なり、体幹を安定させます
鍛えるとウエストにくびれができやすい

腹横筋
深部でコルセットのように腹部全体を、背中の方まで覆うようについている

腹横筋がうまく働かないと、体はこの役割を腹斜筋や腹直筋をはじめとする別の筋肉でカバーしようとし
筋肉は本来の役割がおろそかになり、結果的にどの筋肉も機能が衰えてしまうことになります

 

骨盤が前傾した「反り腰」

腹横筋が働かないことにより骨盤は前側に傾き、反り腰になってしまい
腹圧が低下し、お腹がぽっこり出てしまいます

骨盤が真っすぐ正常な人

腹横筋が正常に働くことで骨盤は真っすぐに立ち、背骨が緩やかなS字カーブを描きます
腹圧を上げることができ、体幹が強化され、ぽっこりお腹にはなりにくくなります

骨盤が前傾していると…

腹横筋が使えないと、骨盤は前に傾き、背骨が腰のあたりから極端にお腹側にカーブした「反り腰」の状態になり
下腹部が前に押し出され、ぽっこりお腹に

 

毎日30秒で反り腰を改善する簡単ストレッチ!

やり方
  1. 四つん這いになり、肩の下に手が、骨盤の下にヒザがあるようにする
  2. 反り腰にならないように、おへそを軽く引き上げ、背筋を伸ばす
  3. ゆっくりと息を吐きながら背中を丸めて尾てい骨を下に向ける。目線はおへそ
  4. ゆっくりと息を吸いながら、尾てい骨を上向きにして背中を反らせ、胸を開いて姿勢は上に。
    呼吸と共に3〜5セットくり返す

    人生はお一人様1回限り
    いつかと思っているうちに人生は終わります
    「今日が一番若い日」
    1歳でも若いうちに始めないと勿体無いです!

    _____★_____
    今すぐ姿勢を改善して理想のボディになりたい方
    下記クーポンから
    ご予約は今すぐ!お急ぎください
    _____★_____

    *********
    新宿御苑前 徒歩3分 美容整体サロンCCOOBODY
    ~ボデイラインの崩れ・コリなど不調の原因「姿勢・骨格の歪み」を根本改善~

    ■ご予約・お問い合わせ
    LINE 公式@idp7128

    ■Instagram
    @cocobody.jp
    **********

関連記事

  1. なぜ痩せない?正しい姿勢で痩せる理由

  2. 肋骨の出っ張り気になりませんか?

  3. 反り腰を放置すると怖い症状

  4. 人気No,1 全身&頭蓋骨小顔矯正 Before …

  5. 夏までにTシャツが似合う体になりたい!

  6. 体重が減っても見た目が変わらない原因

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA