太見えの原因は●●!

新宿 美容矯正
美容整体サロンCOCOBODY
矢吹です

同じくらいの身長・体重なのに、なぜか細く見える人っていますよね?
見た目に違いが出るのは、なぜでしょうか?

太って見える原因は「肋骨」

同じくらいの身長・体重なのに、見た目に違いが出てしまう原因の一つは肋骨
肋骨が広がってしまうことで、太く見えてしまいます

肋骨は胸部にあるカゴ状の骨で、心臓や肺などの内臓を守る役割があり
肺と連動して広がったり狭まったりします

肺の中に空気が吸い込まれると、肋骨は外側に広がり
反対に肋骨が十分に狭まることで、しっかりと息を吐き出すことができます

正常に肋骨が動いているのであれば、しっかりと肋骨は狭まります

ですが
運動不足などで筋肉が固くなることなどで、肋骨が十分に狭まることができなくなってしまいます

肋骨が狭まらず、脇腹の筋肉や脂肪などの体の組織が外側に移動すると
くびれがなくなり全体的に太く見えてしまう原因になるのです

さらに、肋骨が硬くなって柔軟性が低下すると、横隔膜の機能低下にもつながります
そのため、呼吸が浅くなるため代謝が低下し、その結果、太りやすくなってしまいます

肋骨を緩めて動かすことによるメリット

・代謝が上がり痩せやすくなる
・肋骨が閉じ切ることでくびれができる
・姿勢がよくなる
・巡りが良くなるので冷え、むくみ、肩こりが解消
・疲れにくくなる
・内臓の動きが活発になるため消化促進

肋骨を動かすことで、深い呼吸ができれば、巡りがよくなり、歪み改善にもつながります

 

肋骨の開きや硬さ、歪みをチェック!

鏡を見ながらゆっくり呼吸してみて、息を鼻から吸ったときに肩が上がる場合
肋骨とそれに伴う肋間筋や横隔膜がうまく使えていない可能性が…

息を吸ったときには肋骨が前後左右に広がり、息を吐いたときには肋骨が中央にしっかり閉じることができていれば
深い呼吸がきちんとできています

肋骨周りの筋肉が動くことで代謝がグッと上がります
代謝のほとんどが運動などをした分ではなく「呼吸などの生命活動」に使われています
そのため、1回の呼吸でしっかりと肋骨周りの筋肉が動くことで基礎代謝は大きく変わっていきます

肋骨をしっかりと狭めるには息をしっかりと吐くことが重要
しっかりと吐くことで肋骨を正常に狭めることができ、痩せ見えに繋がります!

 

ピラティスは胸式呼吸という呼吸法

この胸式呼吸によって、肋骨周辺の腹横筋が刺激されます
腹横筋とは、骨盤や脊椎を囲みこむように位置している筋肉のため、この筋肉が刺激されることにより
骨盤や脊椎が正常な位置に戻るように矯正されます

COCOBODYのピラティス×骨格矯正

全身の歪み・バランスを整え身体が動きやすい状態になり
ピラティスのエクササイズ効果が飛躍的にアップします
その結果、あなたの目標達成がスピードアップ!
骨格矯正とジムなどの両方に行かずに済みます

新メニュー
骨盤ピラティス×全身&頭蓋骨小顔矯正 130分 28000→通常初回16800
(ピラティス初心者の方のための基本レッスンです)
↓↓↓
1月末まで特別価格
¥14,800

♡┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈♡
人気No,1の全身&頭蓋骨小顔矯正と

ピラティス初心者の方のための基本レッスンを同時に行うことで
視覚と体感で驚きの変化を実感いただけます
♡┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈♡

COCOBODYは
5年後、10年後も
年齢に負けない美しいボディラインと
女性として自信を持ち続ける美しいマインドを叶えるサロン
ご来店くださるお客様のお悩みを解決し、理想の未来へ導き続けます

人生はお一人様1回限り
いつかと思っているうちに人生は終わります
「今日が一番若い日」
1歳でも若いうちに始めないと勿体無いです!

*********
新宿御苑前 徒歩3分 美容整体サロンCCOOBODY
~ボデイラインの崩れ・コリなど不調の原因「姿勢・骨格の歪み」を根本改善~

■ご予約・お問い合わせ
※ネット予約が「×」の際はLINEからお問い合わせください
LINE 公式@idp7128

■Instagram
@cocobody.jp
**********
猫背・巻き肩・姿勢・肩こり・首こり・頭痛・腰痛・そり腰・冷え性・生理痛・
むくみ・便秘・O脚・小顔・しわ・たるみ・エラのはり・女性特有のお悩み

関連記事

  1. 太って見えてる!「ガチガチ首」「肩の盛り上がり」を撃退

  2. 姿勢が悪いと痩せにくくなる?! 

  3. 全身矯正で叶う!劇的「細見え・華奢見え・若見え」

  4. 品の良さは姿勢にあらわれる!美姿勢がもたらすメリット

  5. 巻き肩は自律神経が乱れる

  6. 夏本番!いい姿勢で今すぐ見た目スッキリ!!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA