姿勢が悪いと痩せにくくなる?! 

新宿 美容矯正
美容整体サロンCOCOBODY
矢吹です

姿勢が悪いと痩せにくくなる?!

筋トレを続けているのになかなか痩せない…という方
原因は「悪い姿勢」かも

なぜ姿勢が悪いと痩せにくくなるのか?

悪い姿勢は脂肪燃焼効率が悪くなる

スマホやパソコン作業で、長時間、背中を丸めた猫背になっていませんか?

背中が丸くなった猫背姿勢になると
肺や心臓を囲んでいる胸骨、肋骨、胸椎から成る「胸郭」が下がり狭くなってしまうことで

呼吸が浅くなり、取り込む酸素の量が少なくなります

脂肪の燃焼には酸素が必要

脂肪はその中に含まれている酸素の量が糖質と比べて少ないため、燃焼させるには大量の酸素が必要です
ですが、猫背になると、取り込む酸素の量が少なくなるため、脂肪燃焼効率が下がってしまいます

体脂肪を減らすには「有酸素運動」が有効ですが
猫背の姿勢で有酸素運動を頑張っても、取り込むことができる酸素の量が少ないので、脂肪燃焼効果が悪くなります

姿勢チェック

壁にかかと、お尻、肩(肩甲骨)、そして頭を付けて立ってみてください

壁に頭がつきにくかったり、腰と壁の隙間が大きくなってしまったりする場合、「猫背」です
猫背の姿勢は、脂肪燃焼効率が悪くなったり、肩こりなどを引き起こしてしまいます

姿勢を整えることがボディメイクの第一歩

悪い姿勢のままエクササイズをすると、ダイエット効果が期待できないだけでなく
腰や膝などを傷めてしまう可能性も…

姿勢を整えることが、ボディメイクにとって重要なのです

COCOBODYは
5年後、10年後も
年齢に負けない美しいボディラインと
女性として自信を持ち続ける美しいマインドを叶えるサロン
ご来店くださるお客様のお悩みを解決し、理想の未来へ導き続けます

人生はお一人様1回限り
いつかと思っているうちに人生は終わります
「今日が一番若い日」
1歳でも若いうちに始めないと勿体無いです

関連記事

  1. ふんわりバスト&きゅっと引き上がった小尻を今すぐ手に入れる

  2. 骨格が整えば誰でも速攻サイズダウン

  3. メリハリボディの要は肩甲骨

  4. お盆太り解消!脂肪に変わる前の「今」が重要

  5. 巻き肩を改善して肩こり解消&バストアップ♪

  6. 自己肯定感を高めるために、今すぐ取り組める簡単な方法

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA