知らないと損?1日4〜6杯のブラックコーヒーでダイエット効果!

新宿 美容矯正
美容整体サロンCOCOBODY
矢吹です

 

カフェインとポリフェノールに「脂肪燃焼効果」

コーヒーの代表的な成分カフェイン
カフェインには「脂肪を分解・燃焼する働き」があります

カフェイン以外にも、ポリフェノール(クロロゲン酸)にも同じ効果があります

ポリフェノールで思い浮かぶのは赤ワインやココアだと思いますが
実はコーヒーには赤ワインと同じくらいたくさんのポリフェノールが含まれていて
コーヒーに含まれるポリフェノールは、カフェインよりも多いのです

食後30分以内のコーヒーでダイエット効果

カフェインとポリフェノールには、体に蓄積した脂肪を分解・燃焼する効果があるため
食後30分以内にコーヒーを飲むことで食事の脂肪吸収をより抑える効果があります

運動前のコーヒーで脂肪燃焼効果UP

運動前にカフェインを含むコーヒーを飲むと、神経伝達物質(ドーパミン・ノルエピネフリンなど)の分泌が促され
疲労を感じにくくなったり、脂肪燃焼効果が高まります!

 

 

老廃物を流して「むくみ」を取るカフェイン

カフェインには利尿作用があるため「老廃物を流す」ことができます
交感神経を刺激して代謝も良くなるため、「むくみの解消」につながります

また、お酒を飲みすぎた次の日の「二日酔いで頭が痛い…」時にもコーヒーを飲むことで
頭痛を引き起こす物質を排出できます

 

食後の血糖値の上昇を抑える

食後のコーヒーは、「血糖値の上昇を抑える効果」もあります

ポリフェノールによる効果で、血糖値の上昇を抑えるため
「糖尿病の発症のリスクが下がる」効果も

 

コーヒーダイエットはブラック

コーヒーダイエットは、砂糖の入っている甘いコーヒーはもちろんNGです

基本はブラックコーヒー

さらにアイスよりもホット

コーヒーを飲む時は、身体を冷やす「アイス」ではなく
代謝を上げる「ホット」
カフェインやポリフェノールのダイエット効果が促進されるのは、80度前後がベストとされています

ダイエットには「インスタント」より「ドリップ」

インスタントコーヒーは、ドリップコーヒーに比べてカフェイン量が少ないのです
ダイエットに効果的なカフェインをより多く摂取するには、ドリップコーヒー

 

コーヒーダイエットには1日4〜6杯

適量のカフェインは、ダイエットに効果的ですが、飲みすぎは、ダイエットに逆効果です
カフェインの摂りすぎは、交感神経の興奮状態が続いてしまい眠れなくなったり、胃痛などを引き起こしてしまうことも
コーヒーダイエットは1日4〜6杯を目安に飲みましょう

 

COCOBODYは
5年後、10年後も
年齢に負けない美しいボディラインと
女性として自信を持ち続ける美しいマインドを叶えるサロン
ご来店くださるお客様のお悩みを解決し、理想の未来へ導き続けます

人生はお一人様1回限り
いつかと思っているうちに人生は終わります
「今日が一番若い日」
1歳でも若いうちに始めないと勿体無いです

 

関連記事

  1. メリハリボディの要は肩甲骨

  2. 知らない間に太る!NG習慣

  3. 骨格が整えば誰でも速攻サイズダウン

  4. スタイルのお悩み・肩こりなどの不調の7~8割は姿勢に原因

  5. 猫背と肩こりを改善すれば「痩せる!」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA